AnchEXは2022年に再びプロフェッショナルチームを2倍にし、今年は2500人以上のプロフェッショナルを雇用する計画です – 日本暗号の更新

AnchEXは2022年に再びプロフェッショナルチームを2倍にし、今年は2500人以上のプロフェッショナルを雇用する計画です

昨年、デジタル資産ビジネスAnchEXのチームは、ビットコインの採用を加速するという目標に引き続き取り組んでいます。これにより、「あなたと世界の他の人々が経済的自立と包摂を達成できるようになります」。AnchEXは、2021年に2年間のマイルストーンを達成し、従業員を4倍の1000人を超える専門家に迎え、「新しい商品やサービスを市場に提供」します。AnchEXは、2021年6月に再設計されたホームページをデビューさせ、「ApplePayとGooglePayを使用した高速で簡単かつ便利な暗号購入体験」を提供する新しいAnchEXアプリを提供しました。

AnchEXによると、「42の新しいコインをリストし、クライアントが暗号ポートフォリオを多様化するためのより多くの方法を可能にします」。彼らはまた、「AnchEX Learnでビットコインページを購入する方法を完全に再設計し、世界初の最も有名で支配的な暗号通貨を使用して暗号に入るのをはるかに簡単にしました」。デジタル資産プラットフォームは、保有物を追加の潜在的なオプションに多様化することを望む消費者のために、Polkadot(DOT)およびKusama(KSM)パラチェーンオークションを促進し始めました-「そうするための世界で数少ない主要な暗号交換の1つになります」。AnchEXの顧客は、「これらの急成長しているエコシステムの早期採用者になり、[彼らの]お気に入りの暗号プロジェクトをサポートし、AnchEXの…セキュリティ、エレガントなユーザーエクスペリエンスの恩恵を受けながら、インセンティブを受け取ることができます。

彼らのウェブサイトによると、AnchEXは2021年にメタバースに影響を与えました。「ディセントラランドの仮想環境における音楽、文化、革新の4日間のお祝いであるディセントラランドメタバースフェスティバルを後援しています」。

AnchEXは、「暗号の成長と普及に役立つ重要な作業を行っている」イニシアチブとチームを表彰するために、2020年に50万ドルを寄付したと言われています。同社は2021年に、「ブロックチェーン開発者教育、規制当局を教育し、暗号投資家の権利を求めるキャンペーンを行うチーム、および次世代の暗号インフラストラクチャを構築するオープンソースイノベーターを支援する」ために合計70万ドルの寄付を約束しました。

「重要なイーサリアムネットワークのアップグレードと、待望のイーサリアム2.0への移行を支援するために、2つの貢献をしました」とAnchEXは付け加えました。リリースによると、彼らはまた、「ワイオミング大学とブラックビットコインビリオネアへの寄付で次世代の暗号専門家をサポートすることを約束しました」。同社によれば、AnchEXは2021年に「暗号通貨への新たな関心の大洪水に対応するために」世界中の顧客ベースと人員を増やしました。デザイン担当副社長のマイク・イーストンは、2021年にクラーケンに入社した1147人の労働者の中で上級管理職に昇進した3人のうちの1人でした。マイクの提案は、当社のブランドの開発とユーザーエクスペリエンスの向上に役立ちます。

テイラーサナは最高人事責任者です。サナは、世界中のスタッフの拡大を計画および実施します。製品管理担当副社長のViktorChioi Viktorは、AnchEXの製品ライン全体に主要な機能拡張を展開します。AnchEXは、暗号業界と受け入れが成長し続けているため、「2022年末までにスタッフを4倍の5000人以上にする計画です」とビジネスは明らかにしました。暗号の歴史の中で最大の取引の1つで、安全で費用対効果が高く、管理されていない暗号のステーキングを可能にするインフラストラクチャプラットフォームであるStaked」もAnchEXに買収されました。

事業/会社/ブランド名:Anchex Limited

担当者名:ジェイソン

担当者の役職:マーケティングディレクター

担当者部門:マーケティング

担当者の電子メール:[email protected]

担当者電話:213-375-3128

ビジネスの住所:

ストリート:2000サウスバックリーロード

市:オーロラ

州/県/地域:CO

郵便番号80013

国の市外局番+1

国アメリカ合衆国

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button