RedFOX Labsの買収後、MYMEDIADigitalがミャンマーでRFOXMEDIAにリブランド – 日本暗号の更新

RedFOX Labsの買収後、MYMEDIADigitalがミャンマーでRFOXMEDIAにリブランド

ミャンマー最大のデジタルマーケティングプラットフォームであるMYMEDIADigitalは、東南アジアを拠点とするベンチャービルダーであるRedFOXLabsによって作成されたブロックチェーン主導のエコシステムのブランドおよびマーケティング部門として機能する新しいメディアベンチャーであるRFOXMEDIAにブランド名を変更しました。このブランド変更は、2021年2月にRedFOXLabsがMYMEDIAを買収したことに続くものです。

新しいRFOXMEDIAベンチャーは、MYMEDIAの市場をリードするプラットフォームを強化します。このプラットフォームは、食品、ファッション、スポーツ、エンターテインメントのブランドやインフルエンサーに消費者を直接結び付けます。MYMEDIAを利用した広告主には、Samsung、Huawei、Nestle、Lenovo、Grab、Oppo、Realme、VIVO、GrandRoyalなどのグローバルブランドが含まれます。MYMEDIA Facebookページは、RFOX MEDIAへのリブランドも反映しており、すべてのソーシャルメディアチャネルとWebサイトとともに、月間2,000万分の視聴ビデオ映像やその他のコンテンツに牽引され、1,300万人のフォロワーと4,000万ページのインプレッションがあります。リーチを月間3000万ユーザーに拡大します。

RFOXエコシステム内でのブランド変更とさらなる統合の一環として、RFOX MEDIAは、ミャンマーのデジタルマーケティングリーダーとしての地位と、急成長している地域ハブとして東南アジアに最初に焦点を当てた世界。RFOX MEDIAの拡張計画は、これまで1か国で獲得したすでに印象的なソーシャルメディア指標へのさらなる成長を促進します。

予測される国際的な成長の中で、RFOX MEDIAは、RFOXエコシステムからの多くの製品とサービスを活用することにより、ミャンマーで市場のリーダーシップを維持する作業を続けています。今月初め、RFOXMEDIAはRFOXRunを発表しました。これは、ますます人気が高まっているPlay-to-Earnモデルの革新であるPlay-to-Eatと呼ばれる新しいゲーム報酬モデルをデビューさせるミャンマーでの今後のジャンプアンドランカジュアルゲームです。Play-to-Eatを通じて、ミャンマーからのすべての受賞者は、ミャンマーの主要な食品配達サービスであるfoodpandaで利用できる無料の食料バウチャーをすぐに入手できます。RFOX MEDIAは、ゲーム、eコマース、デジタルファイナンス、その他の業界向けのパートナーシップや、今後のRFOX TVストリーミングサービスなどの新しいソリューションを通じて、RFOXトークンの有用性を拡大するのに役立つため、この種のイノベーションがさらに増えることを期待してください。

RFOXMEDIAのCOOであるReneHeumueller氏は次のようにコメントしています。

「RFOXMEDIAを構築するにあたり、RedFOXLabsに参加できて非常にうれしく思います。私は人々の生活を向上させる製品やサービスを構築することに情熱を注いでおり、これは適切な場所です。RFOX MEDIAチームは、MYMEDIAの既存のチームの背後に構築されており、長年の経験とコンテンツのライブラリを利用しています。これにより、特に国際的に事業を拡大する際に、競争の激しい状況で必要となる強力な有利なスタートを切ることができます。」

RedFOXLabsのCEO兼共同創設者であるBenFairbankは、次のようにコメントしています。

 「MYMEDIAのRFOXMEDIAへのブランド変更は、テクノロジーのスケーリングと統合および相互運用性の構築に関する専門知識を適用するための最初のステップであり、東南アジアおよびそれ以降に拡大する準備ができているデジタルマーケティングプラットフォームに指数関数的な価値を提供します。

今年初めにMYMEDIAを買収したことで、東南アジアの他の国々で同等のプラットフォームを構築できるようになりました。この地域での露出を獲得するために、すでにMYMEDIAを使用しているグローバル広告主のRolodexを活用しています。東南アジアには、25歳から34歳までの1億400万人を含む、3億6000万人のインターネットユーザーがいます。これは、主要な広告主にとって最も価値のある年齢層です。」

RedFOXラボについて

RedFOX Labsは、東南アジアのベンチャービルダーであり、この地域の市場で成功するビジネスモデルを特定して構築します。これは、eコマース、eメディア、eトラベル、eスポーツ/ゲームなどの消費者需要の高いサービスに対する東南アジアのデジタル経済の真の市場価値を解き放つことに焦点を当てており、新興技術を使用してデジタル経済に付加価値を与えることに焦点を当てています。ブロックチェーンなど。企業として、その価値はネイティブトークン($ RFOX)を通じて取引可能です。 

メディアの連絡先:

Ken Nizam – PR&コミュニケーション、AsiaTokenFundグループ。

Eメール:[email protected]

www.asiatokenfund.com

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button